2013年11月

古本市
2013年11月19日

第五回 天神さんからおでかけ一箱古本市

 早くも第五回目となる「天神さんで一箱古本市」
 今回は”おでかけ編”として、JR長岡京駅前のバンビオ広場で開催されました。
 ちょうどこの時期は、長岡京ゆかりの細川ガラシャにちなんだ「長岡京ガラシャ祭」を盛り上げる「ガラシャウィーク」期間中で、当日のバンビオ広場も、ご飯やお菓子の屋台が並んでいたり、ミニライブや小学生のコマ回し大会などの催しが行われていました。

お店とお客さんと音楽がひしめく賑やかな空間での開催

賑やかなバンビオ広場

タケノコと竹炭の化け物、しろんちゃん

しろんちゃん

 今回注目を集めたのは、主催者・榊翠簾堂さんによる「ゆかり文庫」の一箱。
 関西〜関東の名だたる本屋さん提供の文庫を一堂に集めた、まるで高級おせちのような一箱で、他の店主さんたちが次々と箱の前を訪れては、目をキラキラさせているのが印象的でした。

メリーゴーランド京都さん提供のダール短編集をお持ち帰り。手書きコメントの帯がうれしい

あなたに似た人

「古本よあけ」さんがちのり向けに持ってきてくれた横溝正史×つのだじろうも収穫の一つ。感謝!

悪魔の手毬唄

 そして、今回いちばんの思い出となったのは、名誉ある「榊翠簾堂賞」を受賞したこと!
 「初心を忘れた常連」枠にぼんやりと居座っているものと思っていたので、授賞式で名前を呼ばれたときは驚きのあまり頸椎が外れるかと思いました。

榊翠簾堂賞

 受賞理由は「これからもがんばって欲しいから」。表彰状には「めげないで、また次も来てほしーの賞」の文字が…。
 …そう、ぼんやりしすぎたせいで、今回のちのり文庫の売り上げ冊数はわずか1冊、よもや完全試合を達成しそうな成績に喝を入れられたのですね…、逆説的に…。
 恥ずかしさのあまり『スキャナーズ』ばりに頭部が爆発した後、受賞記録のノートに粛々と反省文を綴らせていただきました。

 でも、めげてません。次回も参加させていただきます。
 地獄の最下層「コキュートス」に堕ちたちのり文庫がどのように這い上がるのか、あるいは、這い上がらないのか、その結果をニヤニヤと確かめに来ていただければと思います。

(京都)