お知らせ

お知
らせ
2017年5月22日

「天神さんで一箱古本市」に”生臭”枠で出店します

 6年前の記念すべき「第1回 天神さんで一箱古本市」で異彩を放ち、それを最後に関東へ旅立ってしまった「サバカルチャー」さんが、「書肆鯖」として天神さんに帰ってきます。
 いちお客として覗いた鯖さんの一箱に心打たれ、天神さんデビューを果たした第2回からずっと、なんとなく鯖さんの空席を埋めているかのような気持ちで出店していたちのり文庫にとって、これはなかなかに感慨深い出来事です。

 「サバカルチャー」改め「書肆鯖」さんは、絶版漫画を中心に”とんがった表現”の本を主に扱われていて、その中に多く含む怪奇・ホラージャンルの品揃えには常に唸らされています。
 そのラインナップをネット上のお店で確認することはできますが、直に手に取れる距離で展開された時の、あのえも言われぬ雰囲気は、うまく説明できない独特の魅力があります。

 鯖ワールドをダンボール一箱の限定領域で感じ切ることは不可能!…と、主催の榊翠簾堂さんが判断されたのか、鯖さんは一箱の制限をなくした解放エリアに出店されます。そして、そのサポート役として、「(本)ぽんぽんぽん ホホホ座交野店」さんと一緒に、ちのり文庫もそのエリアに入れて頂けることになりました。

 これでアクの強い3組による、無法に近い自治区が完成と相成りました。
 このエリアが全体の会場の空気にどのような影響を与えるのだろう、初夏の爽やかな薫風を台無しにしないだろうか…、と考えつつも、めでたい鯖さんの凱旋パレード、全力で生臭いうちわをあおぎ倒したいと思います。

 本イベントに臨む鯖さんの意気込みはこちら!

(京都)


お知
らせ
2017年3月5日

「いまどきのブックフェア Vol.3」で怪談会!

 YUY BOOKSさんと主催させて頂いている、「いろいろスクール/いまどきの本屋のつくり方講座」の修了イベント「いまどきのブックフェア Vol.3」にて怪談会を開催することになりました。
 怪談蒐集家・怪談師という裏の顔がますます注目されている気鋭の文様作家Apsu(アプスー)さんの全面バックアップにより、“ついでの怪談会” というレベルを越えた密度で展開しますので、ぜひお立ち寄り頂ければと思います。
 怪談会の内容、料金、予約方法については以下をご確認ください。

3月19日(日) いまどきの怪談会 with Apsu
「いまどきのブックフェア」が、怪談の新たな可能性を模索する “いまどきの怪談師” 文様作家Apsu(アブスー)と贈る怪談会2本立て!
【第1部】チェロと怪談(3/19 19:00〜22:00)
舞台からバンドまで幅広いフィールドで活躍するチェロ奏者、中川裕貴の生演奏にのせて語られる戦慄の実話怪談
えも言われぬ非日常空間を体験してください。

[怪談] Apsu
[チェロ] 中川裕貴

【第2部】ラウンジ怪談夜行(3/19 24:00〜29:00)
50時間ノンストップのブックフェアだからこそできる朝まで怪談!
演者とお客さんの線引をあいまいにして、恐ろしくもどこかリラックスできる雰囲気の中で語り合う至福の一夜
※ネット古書店「書肆鯖」さんによる「ホラー漫画トーク」や「トラウマ作品発表会」も開催。場を盛り上げたトラウマ語りには素敵なプレゼントを進呈!

[怪談] Apsu、ワダ(魍魎オカルト会議)、書肆鯖[ショシサバ] 他

○料金
・各回:¥1,500
・2回通し券:¥2,200
[お得な割引ルールあります!]
 - 怖がり割=予約時に怖がりと明記していただけたら、入場料300円値引き!
 - ネタ割=怪談ネタをお持ちの方は予約時にネタあり、と明記していただけたら入場料から300円値引き。

○定員
・各回20名

○予約方法
以下のアドレスまで、「お名前」「参加回」「割引の有無」をお知らせください。
THE読書ズ イベント予約受付:info@dokusyoes.com


お知
らせ
2017年2月22日

いまどきのブックフェア、50時間営業でやります

 YUY BOOKSさんと講師を担当させて頂いている「いろいろスクール/いまどきの本屋のつくり方講座」。その修了イベントとして、受講生さんたちと「いまどきのブックフェア」を開催します。
 3回目となる今回も、京都を中心とした全国の本屋さんに本を提供して頂き、期間限定の本屋を展開。3月18〜20日の3連休をフルに活用して、50時間休みなく営業します。


 
 会場は京都の西陣エリアにある「Impact Hub Kyoto」。出店者などの詳しい情報は決まり次第お知らせします。