古本市

古本市
2012年10月28日

六角橋商店街ドッキリヤミ市場でした

こんにちは、
毎度かき消えてばかりの鎌倉ちのりです。

10月20日(土)、横浜市は六角橋商店街で行われた一箱古本市に参加してまいりました!
六角橋商店街の名物となっている、「ドッキリヤミ市場」なるイベントの一部として、「たけうま書房」さんが主催する一箱古本市です。
お声かけいただいたときは、もうその企画の名前だけでドキドキしました。
京都ちのりも「なんというステキイベント!」と大喜びでした。

ヤミ市場ですから、今回は、なんと「夜20時〜」という夜の時間帯。
夜の古本市というのは初めての体験でしたが、夜といえばちのり文庫のホーム。
本領発揮タイムではないですか。夜よ。闇よ。心霊よ。
というわけで、意気揚々と商店街にうかがったわけです!

しかし、
結果からいうと、ホームどころではなかった。
想像をはるかに超える、すごい場所でした。

最寄りは東急東横線「白楽」駅。
駅からすぐに、アーケード街とふつうの車道が平行にのびていて、そこに個人商店がずらっと並んでいる感じなんですが(パッと見)、老若男女がわさわさと集い歩き、とにかく活気がありました。
私は車道のほうを歩いて会場に向かったんですけども、
人も車もけっこう通る上に、路上駐車がすごい。
軽トラから高そうなベンツまで停まってて、
こっちは重い段ボール箱をカートでよろよろ運んでますから、
うっかり飛び出しても、車にカートぶつけても死ぬと思うし、生きた心地しなかったです。

まだ会場に着いてないうちから長文ですけど、ここがいちばんキツかったのであります。

この活気とカオスが、この六角商店街をこうこうとまぶしく輝かせていました。
アーケードに入るとその活気がさらに10倍くらいになって、
電灯に明るく照らされた細い空間は、ビール屋台に、肉やらなんやら、ジャズやロックなどのライブがあって生ギターやドラムの音が心臓にがんがん響いてきます。
ラーメン屋の横を、平安装束をまとった神主さんが走り去っていきました。なんと先ほどまでストリート神前結婚式が行われていたとのこと。
音楽と食べものとお酒と人と喧噪と、個人の感想ですが、村上龍の小説世界のようでした。

なにここ? ほんとに平成日本? 一度行って損はない、ヤミ市場です。
六角橋商店街の、このホームページから察しておけばよかったですね。
ビキニ美女とかレスラーとか、口から火を吐いてる人とか、もっと早く「?」と思うところでした。

 
そんなわけで最初からテンパってました。
汗だく(アーケード内がすごい熱気)で、本を準備していると頭上から

「本ってさ〜、読む人は読むけど、読まないとほんっと読まないよね〜」

ニット帽をかぶったアロハシャツ姿のおじさん。ビール片手です。
「字がこんな小さいとさあ。ね。それで俺が最近ハマってるのはね、ほら、カラオケよ。うん、ひとりでもいっちゃうね。あれは、気軽にできるじゃない?」
初対面にも関わらず、同級会で会った友だちのようなおじさん。
気さく……! おじさんのおかげで、「こんなところで心霊本売っていいのか」という理由なきアウェイ感が消えていったのでした。というか腹がすわったというか。

で、今回出品したのはこんな感じでした〜

本のセレクト担当、京都ちのりの飽くなき収集っぷりが発揮されております。

「ちのり」創刊準備号も、怪談パズルとともに。

今回は、お客さん層のカオスっぷりも本当に楽しかったです。
本好きな方々はもちろん、たぶんライブを聴きにきた音楽好きっぽい人もたくさんいて、地元のご老人やファミリーの皆さん、女子高生……。
そんな今回の人気は『宿なし百神』や『石佛の里にて』、『暮しの中の神様』などの民俗本でした。
パンクっぽい若者が民俗の本を買うその姿になにかトキメキました(すみません)。

帰りに、おとらのおとさんに目玉チョコレートと、雷おこしをいただきました。
偶然おとなりに出店していたたけうま書房さんが、
「ちのりさんの店に似合うよ! 飾ってみなよ!」と目玉を貸してくださって。

そ、そう? 似合います? えへへ……

「目玉チョコはソニプラに売っている」という情報も教えていただき、
今後に生かそう!と決意したところで、ぶじ、古本市は終わりました。
夜の22時。
あっという間でした。

ドッキリヤミ市場、今度はお客さんとして、必ずまた来よう!と思いました。
もちろん古本市があったらまたぜひ。実は、店主の方々も個性的な皆さんが集っていらっしゃったようで、とても盛り上がっていたようです(カオスすぎて自分では把握できず)。

六角橋商店街にカンパイ! 完敗と乾杯!
そんな夜でした。おつかれさまでした、ありがとうございました。

次は、11/3(土)に、三浦半島の「ミサキファンフェスティバル」内で行われる「ブックカーニバル・ミサキ」に参加します! 詳しくは出店情報で。

(鎌倉ちのり)


古本市
2012年7月23日

深川お化け縁日

 7月15日に東京は江東区・深川にて開催された「深川お化け縁日」に出店させていただきました。

 夏から秋にかけて様々な怪談イベントを怒濤のごとく展開する『深川怪談2012』のオープニング的な催しのため、このスタートダッシュをよもや失速させることがあってはなるまいと、気合い十分の選書はもちろん、ちのり文庫始まって以来の鎌倉&京都ちのりのW店番を実現すべく、わたくしも深川入りしました。(実は、鎌倉さんとは1年ぶりの再会。)
 本箱として使用する薄汚い木箱をかついでの上京。その姿はさながら「魍魎の匣」。総武線で包装が「わしゃあ」っと解け、人ごみの中で梱包し直すという間抜けな一幕も。
 
 さて、当日はたいへんな酷暑。しかしながら会場を見わたせば、昔の面影が残る商店街に、打ち水、子供の水浴び、ビール、浴衣、うちわ…と、まさに古き良き夏の風情。「あとここに何が必要かっつったら、そりゃ怪談・妖怪しかないだろう!!」という素晴らしい環境!
 さあ本も並べたし、あとはこの気持ちいい空間で、アイスでもほおばりながら、まったり他のお店さんを楽しもうかしら…。

歩行者天国の商店街に怪談・妖怪関係のお店がズラッと並びます

深川資料館通り商店街

…と思っていたらたいへんな間違いでした!

 オープン早々から予想を超えたにぎわい。しかも人並み以上の怪談・妖怪リテラシーを持ちあわせ、この催しを積極的に楽しもうとするお客さんばかり。
 浴衣を素敵に着こなしながら禍々しい本を手に取られるお姉さま。本を買っていただくのみならず、実話怪談を一席披露してくれたおじさま。怪奇マンガを手から離さない子供たち。そしてこの催しの黒幕である東雅夫氏と、京極夏彦氏の御大二人の登場。
 次から次へとやってくるお化けウォリアーたちの攻勢に、われわれは防戦一方、テンパったまま閉幕となりました。

おかげさまで、本・グッズをたくさんお持ち帰りいただきました

お店のようす1

お店のようす2
(クリックで拡大できます)

 最初の思惑のように催し全体をゆっくり楽しむことはできませんでしたが、お化けファンの多さと老若男女の層の広さを目の当たりにし、怪談や妖怪の底なしの魅力を再確認することができました。
 そして「ちのり背筋」をばしっと平手で叩かれ、これからの活動に勢いをつけてもらったような、そんな清々しい気持ちで深川を後にしました。

 以下、いっぱいいっぱいとか言いながら、ちゃっかり入手していた素敵なお化けアイテムの数々…。

お隣だった「猫目書房」さんの素敵なイラスト集とポストカード
最近は1歳の娘がこれを見て「にゃあにゃあ」言うてます

猫目書房

お向かいの「あいち妖怪保存会」さんで購入した怪談集「でらこわ怪談〜やっとかめ〜」
三輪チサ、黒史郎、黒木あるじら気鋭の怪談作家も名を連ね、
全国に広がりつつある「ふるさと怪談」の今の勢いが伝わる一冊です。

漫画家「しげおか秀満」さんによる、
なんと妖怪「びろーん」の漫画&研究だけで構成された入魂の一冊!
ほとばしるびろーん愛にちょっと感動してしまいました…。びろーん大好き!

 
 最後に、こんな素晴らしいイベントの実現に尽力され、そして今も頑張っておられる主催者の方々、個性豊かな他の出店者の皆さま、そしてなにより猛暑にも関わらず前のめりでご来場いただいたお客さま、ありがとうございました!また来年もお会いできますよう!!
 
 お化け縁日は終わりましたが、まだまだ『深川怪談2012』は続きます!
 実行委員会のツイートで今後の動きをチェックです。
 東雅夫氏のブログにもこれからの予定がまとめられています。

(京都)


古本市
2012年7月2日

ブックカーニバル in カマクラに参加しました!

こんにちは!
鎌倉ちのりです。
またまた煙のようにかき消えてましたけれども、
6月10日に開催された「ブックカーニバル in カマクラ」参加のご報告です。

このブックカーニバルは、今年初めての開催。
鎌倉にあるすてきな本屋さん「ブックスモブロ」さんの主催で、
由比ケ浜公会堂という地域密着の会場に
20店の店主さんたちが集まりました!

古い味わいのある公会堂の2階、畳の上で折りたたみ長テーブルをわけあうスタイルは、
なんだかのんびりしていて、古本にすごく似合いのロケーション。
古本市のほかに、1階では朗読会も。
小さな会場にもかかわらず、朝からお客さんが絶え間なく入って本当に大盛況でした。

この催しも、春に参加した不忍ブックストリート、京都の天神さんと
同じく「一箱古本市」のかたちをとっています。
ごぞんじの方も多いと思いますが、一箱古本市は本好きネットワークによって全国各地で行われています。その鎌倉版というところでしょうか。
とはいえ、それぞれの催しの個性は全然違うんですよね。
その楽しみを実感した1日でもありました。

今回とっても感動したのは、
「鎌倉を楽しくしよう!」という気持ちがイベント全体を包んでいたところです。
子どもも楽しめるような催しがあるのも地元ファミリーが来やすい工夫だったと思いますし、朗読会は地元で活躍している劇団の方がやっていて。鎌倉市立図書館さんが、写真の展示への協力はじめ店主さんとして出ていたのも良かったなあ。
店主さん用のお弁当や、打ち上げのおいしいお総菜、どれも鎌倉の地元カフェやデリに主催者さんが注文してくれたものだったり、楽しいブックイベントであると同時に、地域がつながる実のあるコミュニケーションの場になっていると感じました。

 

さてさて、ちのり文庫の今回のラインナップはこんな感じでした。

(クリックで拡大できます)

朝イチはぜんぜん売れなかったんですよ。
「やっぱり、鎌倉ではナチュラルライフ系が人気なのかなあ…」と、
場違い感(事実浮いていたが)を感じ、しょんぼりと
日野日出志の『恐怖ギャラリー』をつい読みふけってました。

その若干さみしい午前中を支えてくれたのが、かまくらっ子小学生たちです。
まず、ケイブンシャの『妖怪・幽霊大百科』をさいしょに手に取ったシャイな男子A(たぶん小4くらい)。
よっぽど気になるのか、立ち上がってはまた来てページを開いて……を繰り返していたので、「ここで読んでいけばいいよ」と言ったら、座ってじっくり読み始めた。ちなみに無言です。『妖怪・幽霊大百科』を読む少年と、『恐怖ギャラリー』を読む私。ほかのお店はワイワイしているなか、なんだこの静けさ……。

A君は読み終わると、「あざす」と一言つぶやいて去っていきました。
すると、どこからか、ぽっちゃり男子Bくんがやってきて、心霊写真系を物色し始めた。
しかし心霊写真は気に入りがなかったようで1冊開いては閉じ、開いては閉じの彼に、「これもあるよ」と日野日出志をすすめたところ、ニヤッとして、超高速でページを繰り始めました。ほんと、ものすごい速さでした。

その後も、来るなり『香水をつけた幽霊』を開いたすばらしい嗅覚を持つ女子Cさんとか(ちのりシール買ってくれました)、『妖怪・幽霊大百科』のこわいQ&Aページだけを完読していった小学生と幼児の姉妹とか(奪い合いながら)、お子さんの勢いがすごかったです。

不忍ブックストリートの古本市よりも、格段にファミリーのお客さんの割合が高かったこともあるかと思いますが、親御さんたちもちょっと違ってた気が。
不忍では、お子さんがちのりの本を手に取っても、やめときなさいムードが漂うことが多かったのですが(そのお気持ちはわかりますっ)、鎌倉では「ちょっと、こわい本あるよ!見て!」と自らお子さんをいざなうお母さんが1人や2人ではなく。なんという恐怖本への寛大さ。これは、掘れば人骨盛りだくさんといわれる戦の歴史深い鎌倉の人ならではなのでしょうか。

ちなみに、今回子どもからの圧倒的人気を誇った『妖怪・幽霊大百科』は、とても身なりのよい老婦人のお客さまが、お孫さんにプレゼントされていました。いいなあ孫。
(ケイブンシャのシリーズはきれいな状態で残っている本が少ないので、内容は超B級的にもかかわらず子どものお小遣いではちょっとキビしいお値段が付いているのですよね)

 

小学生(とその保護者のみなさま)が買っていったものだけで、売り上げの3割くらいを占めた今回のブックカーニバル in カマクラ。
その感動を主に語らせていただきましたけども、
もちろん、ほかにも素敵なお客さまがいっぱい来てくださいましたよ!
午後はあれよあれよという間にいろんな方にこわい本をお持ち帰りいただき、シールも完売。終わってみれば、なかなかの売り上げになりました。
今回参加されていた店主さんも、みなさん本当に最高でした。かなり刺激的でした。
ぜんぶ書ききれない苦しさ、骸骨紳士に青酸カリを盛られたがごとしですが、まずはこのへんで。

この春のブックカーニバルに続き、秋には、鎌倉の出版社「港の人」さん主催による「かまくらブックフェスタ」も行われるそうです。
鎌倉文士に愛された地、いまも本のまちとして盛り上がりつつある鎌倉。
いつか、「こわいもののまち」としても盛り上げたいという
熱い思いが芽生えた鎌倉ちのりでした。

さて、次の出店ですが、

7月15日(日)に東京は深川で開催される怪談イベント「深川怪談2012」に参加します!
深川資料館通り商店街3丁目路上(歩行者天国)で行われる「おばけ縁日」に出店。
こわいもの愛を炸裂させる予定です。

 

◎今回の個人的収穫

余白や」さんの『田村隆一 ミステリーの料理事典』と、「mondobooks」さんのフランス帰りのクマのピンと手作りしおり(たぶんもっとしゃれた言い方があると思うのですがわからず)と、森茉莉の『贅沢貧乏』でした。